ことわざ・慣用句・名言名句から学ぶ人生のヒントvol.20 【悪妻は60年の不作】

 

 

◆このことわざの意味

 

悪妻を持つと、生涯の不幸であるということ

 

 

 

◆このことわざから学べること

 

 

私は今まで合計約4000回のコンサルティングを重ね、様々な相談にのって来ましたが、その中でも最難関の相談が夫婦関係です。

 

人の夫婦関係を良好に向かわせるお手伝いをすることほど、難しいことはありません。

 

正直言って、夫婦円満な家庭を作るよりも、ビジネスで結果を出す方が100倍簡単です。

 

そのぐらい難しいのが夫婦関係ですが、同時に人生の7〜8割はパートナーシップで決まるというのが私の見立てです。

 

そのぐらいパートナーの影響というのは大きいものです。

 

 

どんなにエネルギッシュな男でも、家で待ち構えている妻が悪妻・下げマンなら、やはりそこからエネルギーを奪われるし意識が分散します。

 

 

中には「家に帰りたくない!!」という動機で、仕事や女遊びに没頭する人もいるでしょうが、それはあくまでも現実逃避で心の安住はいつまでも訪れません。

 

 

女性がだめんずと結婚してしまった場合も同様です。

 

 

だめんずに時間もお金もエネルギーも奪われてしまったら、自己実現なんか夢のまた夢ですし、人生を大逆転して幸せになるのは大変でしょう。

 

 

 

 

例えば、夫婦関係の難しさを古代ギリシアの哲学者で著名なソクラテス


「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」

 

というような皮肉めいた名言(迷言?)をこのしています。

 

 

徳川家康とかも正妻との関係は苦労してましたねw

 

 

こんな風に、ソクラテスでも嘆くぐらい夫婦関係は難しく、そして結婚したら別れるのも大変なので、まさに60年どころか生涯の不幸になる危険性があります。

 

 

逆に、夫婦関係・パートナーシップが良いと夫婦の間でエネルギーの循環が起こるし、お互いがお互いを支え叱咤激励をし才能が開花したり、メンタルが安定したりします。

 

 

そして安心して外で活躍できます。

 

 

実際、私の知人で長年大成功している方というのは、夫婦関係が良好な人が多いです。

 

 

これは

 

仕事で成功しているから夫婦関係が円満なのではなく

 

夫婦関係が円満だから仕事で成功している

 

 

というのが、私の考察です。

 

 

なので、何か大き仕事をしたい人・活躍したい人ほど、最難関のパートナーシップに着手してほしいと思います。ここを良好な状態にしておかないと、長期的な繁栄というのは難しいので。

 

 

夫婦関係・パートナーシップは、全ての土台なんでございます。

 

 

それと、パートナー選びは慎重に。

 

変な縁を結ぶくらいなら、独身の方がいいですよ。

 

 

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ
今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。


____________________
無料メルマガも書いてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/scenario19.htm
携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己分析の古典、ジョハリのとは何か?とこよりも分かりやすく解説!!

◆自己分析の古典、ジョハリの窓について

 


どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ともぴこです。

 

 

先日メールに「良い自己分析のやり方はないですか〜」という質問が届いていたんですが、自己分析に関してはこのブログでも結構とりあげています。

 

 

 

 

例えば、これら

自分の思考の整理学 自分の無自覚の思考パターンを知ろう - はぎのともぴこの幸福論

自己対話を飛躍的にうまくする5つの問い - はぎのともぴこの幸福論

【エレメンツコード】という、自分を知るための超優秀なツールのご紹介 - はぎのともぴこの幸福論

 

 

これらの記事も、我ながら非常に役に立つと自負していますが、改めて自己分析の古典ジョハリの窓もなんだかんだいいよな〜と思うので、少し解説してこうと思います。

 

 

 

 

 

ジョハリの窓とは?

 

ジョハリの窓」を知ってる方は、それなりに多いと思いますが、ざっくり言えば画像の通りですw

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190722121012p:image

 


そもそもこのジョハリの窓

 

 

ジョセフ・ルフト とハリー・インガム が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。 って感じです。

 

 

「ジョハリ」は提案した2人の名前を組み合わせたもの、つまりヒュージョンで「ジョハリさん」という人が実は存在しない、というのはどうでもいい豆知識です笑

 


現代ではジョハリの窓を使って「自己分析」をする人が、チラホラと出てきて、有名になってきた概念です。

 

 

ではでは、窓を1つずつ見ていきましょう。

 


①開放の窓

 

これは「自分も他人も知っている自己」のこと、つまりノーガードフルチン状態の事です。

 

 

余計な鎧を脱ぎ脱ぎして、ノーガードフルチン状態を目指していくのを推奨している私からすれば、いかにここの窓の面積を広げるかは大きなテーマになります。

 

 

逆に言えば、隠し事の多い人やネットと現実での違いが大きい人、自己分析ができていない人などは、ここの窓が小さくなります(宮迫とか?笑)

 

 


個人的には、この①が大きい人ほど楽に生きていて、小さい人ほど窮屈に生きてるイメージがあります。

 

 

要するに【自分から見た自分と、他人から見た自分にズレがない】とも言えます。

 

 


そう考えると

 

他者から評価される事に逃げてる人
きちんと比較できてない人
ナルシストの方
被害妄想の強い方
自意識過剰な方

 


何かは、意外とこの窓は小さいかもしれません。

 

 

じゃあ「この窓を大きくしていくにはどうしたらいいか?」と言えば、まずは②に着目しましょう。

 

 



②盲点の窓

 

これは言葉の通り「自分は見えてないけど他人は見えている私」になります。

 

 

②を①にスライドしていくのが、実は一番簡単です。

 

というのも、他者から意見やフィードバックを貰えばいいだけなので。

 

 

よく私が「親や彼氏彼女なく、適度な距離感のある友人に自分の長所を聞いて下さい」というのは、実は他者からフィードバックをもらい、ノーガードフルチン状態の面積を広げるためにやっていた事です。

 

 

人間ってのは、面白いぐらい自分という生き物が見えず、面白いぐらい他人は冷静に分析できます。

 

 

そういう意味でも他者からのフィードバックは重要ですし、己を知るために欠かせない1要素です。

 

 

 

孫子の兵法では
「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」という言葉がありますが

 

自分を知り(内面、現状、得手不得手など色々です)敵(社会、時代、市場etc...)を知れば、人生は危うくないです。

 

 

ポイントなのは「危うくない」というだけで「絶対勝てる」とは言ってない事ですね。

 

 

うん。孫子深いわーーー笑

 

 

 

 


③秘密の窓

 


これは「自分は知ってるが、他人は知らない私」になります。秘密のアッコちゃんの窓です。

 


最近はみんなこの窓を暴露され、あれよあれよと社会的に抹殺されたりしています。

 

 

つまりこれは、ノーガードフルチン状態とは真逆の「モロガード状態」になります。

 

 

もちろん、言いたくない事や知られたくないまで、全ての人に晒すというのも、精神衛生上どうかな?と思う面もありますが

 

 

ある程度は晒した方がいいですし、秘密は少ない方が生きやすいと思います。

 

 

私は2014年ぐらいから「メッキが剥がれる時代」と言い続けていますが、この③秘密の窓が剥がれる時代になります。

 

 

そして実はこれ、ネガティヴな面だけではなく、ポジティブな側面もあります。

 

「実は凄く才能があるのに、世に出してない特技」や「他人の役に立てるのに、何故か卑屈になって出してないあれこれ」何かが、この秘密の窓にはあります。

 

 

 

こんな感じで、実は【宝の山】だったりもします。

 


この③を情報発信して①にスライドさせて面積を大きくしていくと、人生がより豊かになり易いです。

 

 

 

 


 

④未知の窓

 

これは「自分も他人も、誰も知らない私」になります。

 

 

いわゆる【未知の可能性】とも言えます。

 

 

この誰も知らない未開の地を開拓するマインドを、私は《自分フロンティア開拓》と一時期名付け、個人事業主としての屋号にしたぐらいです←変えたいww

 


つまり④こそが伸び代であり、そこを開拓する事が自己成長です。

 

 


そのために、あれこれ学び、あれこれ経験し、あれこれ挑戦するワケです。

 

 

しかもポイントなのが《自分のフロンティア》という点です。

 

 

世の中には、いつの間にか自分のフロンティアではなく、全く関係のないフロンティアを開拓し出すと人がいますが、それだとイマイチです。

 

 

フロンティアに関しては、夢をかなえるゾウの作者の水野敬也さんが書いてる記事が秀逸なので、読んでみて下さい。

 

___________ここから___________


最近、ちょっと興味があって「浄土宗」について調べていたのですが


浄土宗というのは、ざっくり言うと「阿弥陀如来」が作った「浄土」という場所に「生まれ変わる」ことを目的としているみたいです。


ただ、こういう話を聞いても現代人にとっては「阿弥陀如来? は?」みたいになってしまうと思うのですが


僕が興味を持ったのは、


どうして鎌倉時代の人たちは、これほどまでに阿弥陀如来と浄土の存在を


強く信じることができたのだろうかということです。

で、これはもう完全に個人的な見解なのですが、

その理由は

当時、海外旅行が無かったからではないでしょうか。

海外なんてどんな場所か分らない。情報もほとんどない。


でも、どうやら中国とかインドとかいう場所があるらしく、


そこからたまに見たこともないようなお皿とかが送られてくる。


そのお皿は「こんなのどうやったら作れるの? 人間技じゃねぇよ」みたいな模様のお皿。

 


――そんな状態だったなら

「浄土」という場所がこの世界のどこかにあってもおかしくはないと思えるかもしれません。


つまりは「期待」です。

昔の人は、分からないことが多かったので、「期待」できる領域も大きかったと思います。


でも、交通や通信がどんどん発達して、

地球上で起きていることはたいがい分かるようになってしまいました。

 

 

だからこそ、まだ謎の多い「宇宙」に「期待」したりするわけですが、

分かりすぎたことによる「閉塞感」が、今の世の中に蔓延しているような気がします。

小学生の時に感じてた


「大人になったらどうなるんだろう?」


みたいなワクワク感が


どんどん世界から失われていっているような気がするのです。

たとえば、最近で言えば、GoogleとかiPhoneなどのIT関連の物が「新しい物」とされていますが

そこには、「小さく」なったり「早く」なったりという変化はあるのですが

 

 

そこで伝えられる「世界そのもの」は昔から変化していません。


未開拓地の不在。

それが、世界がどんどんつまらなくなっている原因だと思います。


では、

僕たちは、未開拓地(フロンティア)を

 

 


宇宙か、


もしくは、誰も行ったことのない深海などに求めるしかないのでしょうか?

僕は、多くの人にとって、


まだ開拓されていない、フロンティアが一つだけあると思います。

それは――「自分」です。

これからのフロンティアは

 


自分の「外側」ではなく「内側」に探し求めるべきだと思うのです。


たとえば、幼い頃からずっと「納豆」が嫌いだったとします。

すると「納豆」を食べてないわけですから、

この「納豆」がフロンティアになり得ます。

もし納豆を何十年ぶりかに食べて


「え? 納豆ってこんなにうまいものだったの?」

となれば、そこからは


納豆ごはん
納豆茶づけ
納豆チャーハン
納豆カレー
納豆寿司
納豆トースト
納豆ドッグ
納豆タコス
納豆ホットサンド
納豆ラーメン
冷やし納豆そば
納豆そうめん
たらこ納豆スパゲティ
納豆やきそば
納豆うどん(温)
納豆うどん(冷)
冷やし納豆うどん
アンチョビと納豆スパ
きんちゃく納豆
納豆サラダ
納豆腐ハンバーグ
納豆スープ
納豆汁
トマトの麻婆納豆がけ
五色納豆
いかの納豆あえ
納豆のネバネバ炒め
おろし納豆
オクラと納豆のネバネバサラダ
いわしの納豆あえ
鶏ささ身納豆
玉ねぎの納豆あえ
ほうれん草と納豆の炒めもの
チンゲン菜の納豆漬け
ちくわ納豆
オクラと納豆のピリ辛ごま風味
ねぎと納豆のだし巻き卵
納豆オムレツ
納豆とみょうが・青じその冷やし汁
ネバネバトリオ雑煮
納豆チゲ
納豆とひき肉のパラパラ炒め丼
納豆チャーハン
カリカリじゃこの納豆チャーハン
納豆玄米チャーハン
えのき納豆かけ押麦ご飯
洋風納豆丼
鮭納豆のとろとろそば
わかめと納豆の辛味冷やしめん
おろし納豆そば
納豆のチヂミ
油揚げの納豆ピザ
納豆のいなり焼き
納豆和風たこ焼き
納豆キムチ海鮮風味お好み焼
モロヘイヤと納豆のネバ胡麻和え
納豆のおやき
納豆シラス丼並なご飯
納豆コロッケ
きゃべつ納豆
納豆ピザトースト
梅きゅうり納豆
トマトきゅうり納豆
納豆のカリカリチーズ焼き
メカブ納豆
納豆たまご味噌
ニラ玉納豆
アボガド納豆サクサク焼き
ねぎ塩山椒納豆
味噌納豆炒り卵
納豆の洋風袋焼き
納豆ねぎ焼き
納豆ビビンバ
納豆お焼き
納豆かき揚
ジャガイモにら納豆炒め
納豆おろしきしめん
酢飯納豆丼
なめたけ納豆
野沢菜納豆
大葉にんにく醤油納豆
ネギ納豆サンド
豆腐の納豆ソースかけ
納豆と鯵のなめろう
納豆の天ぷら
ベーコン納豆チャーハン
納豆のオーブン焼き
もやし納豆
ごま油納豆
キムチ納豆餃子
トマト納豆そうめん
納豆サラダ
納豆のおやき
納豆まぐろ丼ぶり
もやしと納豆の簡単炒め
納豆そぼろあんやっこ
納豆豚キムチ
納豆とブロッコリーのサラダ
揚げ納豆田楽
納豆ジャージャー麺
アーモンド納豆
ゴーヤ納豆
カリカリ納豆奴
なめたけ納豆
焦がし納豆梅チャーハン
納豆生姜チャーハン
ひき肉納豆
なめこと納豆かけ豆腐
納豆と長いものきんちゃく
玉ねぎ納豆
納豆の落とし焼き
天かす納豆
キムチマヨ納豆
納豆キャベツ
ネギ納豆のあんかけ玉子焼き
納豆チーズ餃子
納豆のワンタン包み焼き
納豆すいとん
納豆春巻き
納豆炒め
納豆チャンプルー
納豆乳うどん
納豆オニオングラタンスープ
ツナ梅納豆
納豆と山芋のゆかり和え
納豆マヨたまごはん
納豆まぜご飯
厚揚げ納豆
豆腐納豆ハンバーグ
ニラツナ納豆
イカ納豆
小松菜納豆
なすと納豆のあまから肉みそ
福神漬け納豆
おろし納豆もち
納豆大根おろし乗せ
ズッキーニ納豆乗せ
れんこんの納豆はさみ

etc……という、膨大なフロンティアが広がっているのです。

 

 

「なんか最近面白いことねぇなー」

 

と思っている人は

 


ぜひ、自分がこれまで否定したり、嫌ったりしてきた未開拓地に足を踏み出してみてください。

 


世界はきっと、もっと面白くなると思います。


___________ここまで___________

 

 


これを読んだ時は「同じ事を考えてる人がいる!!」と狂喜乱舞したのを思い出しますね笑

 


こんな感じで【外ではなくて自分のフロンティアを開拓する】というのがオススメです。

 

 

 

フロンティアスピリッツを忘れないためにも、私は未だに「新しい事を1日1つやる」というのは習慣化しています。

 

新しい駅に降りる
新しい飲食店に入る
怪しい食べ物、飲み物を食べる
初めましての人に会う


何でもいいです。小さな所からフロンティアを開拓していきましょう。

 

 

という事で「ジョハリの窓」でした。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190722123827p:image

 


ではでは( ´ ▽ ` )ノ

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。


____________________
無料メルマガも書いてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/scenario19.htm
携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。

優先順位を変える=人生を変える。ぐうの音も出ないぐらい分かりやすく説明します!

 

◆無自覚の優先順位を言語化してみよう!

 

 


どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

ともぴこです。

 



私はよく【自分の無自覚の優先順位を言語化してみましょう!】というワークを、講座や研修でやってもらいます。

 

 

 

安直なワークに感じるかもしれませんが、これって超重要です。

 

 

というのも、世の中の大半の人が自分の優先順位を言語化できておらず、そして無自覚な自分の優先順位に支配されているからです。

 

 

なので”自分の優先順位に気付く”というのは偉大なる一歩なんです。

  

 

ということで、先を読み進める前に

 

 

皆さんはまず、自分がついついやってしまう事や、やりたくないのにやってしまう事などを、箇条書きにしてリストアップして、それらの共通点を洗い出して下さい。

 

 

これをやるだけで、かなり自分の優先順位に気づけるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

◆優先順位=あなたの中心

 

 

で、今日は、この優先順位の理解をさらに深めていきますね。

 

 

さっきのワークをやって【自分は結局〇〇を優先してたんだなぁ】というのが見えてきたハズです。

 

 

実は、みんながそうやって共通点を洗い出して見つけ出してくれたものこそが《あなたの中心》だったりします。

 

 

例えば、箇条書きで出して共通点を洗い出してみたら「うわ、結局私は全て自分を守るために行動してた。私の中で、自分を守るという優先順位は相当高い」と気付いたとします。

 

 

こういう場合、この人の中心は《自分を守る》ということです。

 

 

他にも、

 

 

お金をかなり優先していたという人なら、その人の中心はお金だし

家族をかなり優先していたという人なら、その人の中心は家族だし

嫌われたくないという思いを優先していたなら、その人の中心は承認欲求になります。

 

 

要は【ついついやってしまうことの共通点=その人の中で優先順位の高いもの=その人の中心】という方程式が成り立ちます。

 

 

 

つまり、やってもらったワークは、あなたの人生の中心(軸)を見極めるためのワークでもあったんです。

 

 

違う言い方をするなら、殆どの人が自分の優先順位を言語化できていなかったということは、自分の生き方の中心(軸)を言語化しないまま、何となく生きてたってことですよ〜!

 

 

だから、知れて良かったですよね笑

 

 

もちろん「自分の中心ってこれかよ、、、」となる人も多いと思いますが。

 

 

 

 

 

 

◆自分の軸(中心)が現実を作る 


で、ちょっとこの話を「台風」に見立てて説明してみます。

 

 

ただ、台風の科学的・気象学的な観点から話すのではなく、あくまでも一般的な台風のイメージで話すので、事実や科学とは異なるっていうツッコミはなしでお願いしますねww

 

 

 

で、台風っていうのは、天気予報の時の図とかを見てもらえば分かるように

 

 

台風の目(中心)を軸にしながら発達・移動し、さらにその周りの雲の動きや風の強さ、雨の量など、現実世界に影響を与えていきます。

 

 

イメージとしては、台風の目(中心から)から巨大なエネルギーを放出して、現実世界を荒れに荒れさせているって感じです。

 

 

何となく理解できると思います。

 

 

そして気付きませんか?

 

 

これ、今回の話と似てるって。

 

 

 

私たちも自分の中心(優先順位)を軸にして、そこから現実世界(家庭・仕事・健康・恋愛・価値観)などに多大なる影響を与えているんです。

 

 

例えば「嫌われたくない」という台風の目(中心)を持っている人なら、その中心は現実世界に様々な影響を与えます。

 


家庭では、旦那を怒らせないように気を遣って過ごし

仕事では、人に仕事を任せると嫌われる気がして自分で限界まで抱え込んだり

健康面では、人に嫌われないように生きてきたストレスが溜まり胃痛になっていたり

恋愛でも、人に嫌われるのが怖いから、なかなか深いお付き合いができず

 

 

そんな生き方をしているから「どうせ私は嫌われるからおとなしくしてよう」みたいな価値観が生まれます。

 

こうやって、嫌われたくないという台風の目を軸にして、現実世界へと大きな影響を与えているのは、台風も私たちも一緒なんですw

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190710110121j:image

 

 

もっと端的に言うなら【自分の中心(軸)が自分の現実を作っている】ということです。

 

 

ということは、私たちは自分の中心(軸)を変更することができれば、現実世界も変えることができるとという事です。

 

 

当たり前の話ですよね。

 

逆に、自分の中心(軸)を変えずして、自分の現実を変えるのはほぼ不可能です。

 

個人のパラダイムシフトというのは、自分の中心(軸)を全く違うものに書き換える行為のことです。

 

そして、軸さえ書き換えしまえば、現実もシフトするんですね。

 

 

 

 

 ◆自分の中心(軸)には引力もある?

 


最後に、違う切り口からも説明しましょう。

 


台風は、台風の目を軸にしてエネルギーを放出して、現実世界に影響を与えているようにも見えますが、

 

一方で雲の動きを見ると、台風の目に雲を引き込んでいるようにも見えませんか?

 

 

これも、私たちも一緒です。

 


私たちの優先順位・中心・軸が、上でも説明したように現実世界に色んな影響を与えますが、同時に【現実を引き込む】という効果もあります。

 

 

例えば「嫌われたくない」という中心(軸)で生きている人は、さっき上で言ったような現実世界を作りあげます。

 


そして同時に【私、嫌われてるんじゃないか?】という現実・出来事も引き込むんです。

 

 

もっと正確に言うなら「嫌われたくない」という中心(軸)を作り上げると、現実世界からそれに付随する情報や出来事だけを抽出して、引き込んでしまうという事です。

 


ん?
ちょっと難しいですかね?

 

 

きっとこれは何かの回でも話しましたが、心理学に"カラーバス効果"というのもがあります。

 

 

例えば「今日は赤色に注目しよう」と意識して過ごすと、いつもより赤色のモノが目につき、赤色のモノが増えた感覚になる現象のことです。

 

これを今日の話風に言うのなら、赤色を自分の中心(軸)に置いたから、現実世界から赤色の情報が引き込まれてきたということです。

 

これと同じで「嫌われたくない」という中心(軸)があると、自分が嫌われてるように感じるような現実・出来事に目が行き、あたかも引き込んでいるようになる。

 

 

ってことです。

 

 


つまり、自分の中心(軸)というのは

 

①現実世界を影響を与えて、現実を作る力

②現実世界から、自分の中心(軸)に関する情報や出来事を引き込む力


の2種類があるということです。

 

 

 

そして、自分の優先順位を知り、自分の中心(軸)を書き換えていくと


現実世界も変えられるし、現実世界から引き込める情報も変えられるという事になります。

 

最高じゃないですか?

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190710110335j:image

 


ということで、

 

皆さんは、自分の変な中心(軸)をどんどん破壊して、新しく書き換えていって下さい。



辛いかと思いますが、書き換えた後の世界を想像して、楽しんで変えていきましょう。

 


ではでは( ´ ▽ ` )ノ
今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

____________________
無料メルマガも書いてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/scenario19.htm
携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。

結局、結果を出す人ってどんな人?元も子もないぐらい端的に説明します。

◆徒然なるままに

 

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ともぴこです。

 

 

今日は、徒然なるままに私の心境や本心を書いていこうと思うんですが、

 


正直過激な言い回しになります。

 

 

なので、今日の記事を読んだら、私の事を嫌いになる人も出るかもしれませんし、トンカチで頭をぶん殴られた様な衝撃を受け、目を覚ます人も出る事でしょう。

 

 

何はともあれ、私がこれまで数千人の人と関わって体感してきた事実をもとに書いていきます。かなり血が通った内容です。

 

 

ぜひ、みんなも他人事として読まずに、当事者意識を持って読んでもらえたら嬉しいです。

 

 

で、今日お届けするテーマは【10%の希望と90%の絶望】になります。

 

 

しかと、お読み下さいませ。

 

 

 

 

◆やり続けて成果を出す人は1000人に1人?

 


えーと、どこから伝えたらいいか分からなくなるぐらい、伝えたい事が沢山あるんですが、

 

 

 

まず、みんなもこんな言葉を聞いた事はあるんじゃないでしょうか?

 

 

したい人10000人
始める人100人
続ける人1人

 

 

 

これはたしか、作家の中谷彰宏さんの言葉です。

 


まぁもう意味は読んだままで、したい人10000人に対して続ける人は1人ぐらい、

つまり0.01%ぐらいしかいないので、あなたが何かを継続できるなら、それだけで大きな成果を出せるんですよー!という事です。

 

 

これに関して私は「おいおいおいおい!流石に言い過ぎやろ中谷さん!」と、21歳のビジネスのスタート時は思っていたんですが、いよいよ独立してマル8年が経とうとしている今はこう思います。

 

 

 

《うわ、結構リアルな数字ですね》って。

 

 

 

ただ膨大な実体験の結果、少し違う部分もあるので、私がもう少しアレンジ&細分化して説明すると

 

 


何かを聞いたり学んだりして実際やる人は
100人のうちの20人

 


それを継続できる人は
その20人の中の5人

 

 

要は5%

 

 

 

他にも

 

何かのジャンルや物事で成功したいと思う人が1000人


そのために行動する人は100人


成功のために継続し続ける人は10人


そして成果を出す人は1人


要は0.1%

 

 

というのが、今まで色んな人間を見てきた結果、私が思うパーセンテージです。

 

 

もちろん、どんな人をピックアップするか、どんなコミュニティや環境を用意するかで、このパーセンテージは変動しますが

 

 

もしランダムに人間を選出したのなら、こんなもんなんじゃないのかな?と予測しています。

 


まずはこのシビアな数値を、目に焼き付けて次の文書を読んで下さいね。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190708174727p:image

 

 

 

◆私ごとに置き換えると、、、、


では、これを私が去年開催していた「パラダイムシフトコミュニティ」で考えてみます。

 

そうすると、こんな感じになります。

 

 

 

コミュニティに参加してた人200人

 


実際に、定期的にアウトプットしたり行動したりし続けてた人40人

 


本当にパラダイムシフトした人20人
もしくは
何らかの結果を出した人20人

 


つまり、あの講座に参加してた人の10%ぐらいの人間は、きちんと講座をモノにして大きくパラダイムシフトしたんではなかろうか?というのが、私の見立てです。

 

 

この10%という数字、高いか低いかは、かなり難しい判断だと個人的には思っています。

 


というのも、前述したように、ランダムに選んだ一般的な人たちが成果を出す確率は0.1%ぐらいでしたね。

 


そこと比較すれば、パラダイムシフトコミュニティ場は、普通に生きてる状態の100倍上の確率で、人が成果を出せる環境になっていると言えます。

 

 

 

 

こう捉えると「おぉ!凄いじゃん!」と思うかもしれません。

 

 

 

でも、逆に捉えれば【90%の人間は(180人)大して変わらない場】とも言えます。

 


こっちの視点だと「あれれ?少ないな」となりますよね。

 

 

私はこういうパラダイムシフトコミュニティの様な大きいコミュニティを作ると【この10%と90%の狭間】

 

 

もっと言うと【10%の希望と90%の絶望の狭間】でいつも葛藤してコミュニティを運営しています笑

 

 

そして個人的には、この10%いう数字は「妥当だな」と冷めた様に納得してる部分もあるし、何とか11%にしたい、1%でも1人でも多くの人に成果を出してほしいとも熱く思ってもいます。

 

 

ただ同時に、今まで色んな人間を見てきてるので「成果を出す人間が50%になるんじゃないか?」みたいな淡い期待は持っていません。

 

 

人間はそんな優れた生き物じゃないし、人間はそんなに簡単には変わりません。

 

 

私はただひたすら、何とか11%、12%したいという気持ちです。

 

 

 

◆でもここで、1つ不思議なコミュニティもあります。

 

 

私が運営している"エネルギーマスタークラス"というコミュニティ。

 

 

このコミュニティは今まで3年連続で作っていて、言わば1期生〜3期生がいるコミュニティなんですが、その中で成果を出した人・大きく変化した人の確率は80〜90%ぐらいになります。

 

 

これはめちゃめちゃ高いですよね((((;゚Д゚))))))

 

 

 

その理由は


①人数が少ないし接触の回数が多いし、一体感があるから
②成長のゴールデンサイクル【インプット→アウトプット(実践)→報告&修正→再実践】をみんなが回すから

 

という2つになります。

 

 

もっと具体的に噛み砕いて言うなら、エネルギーマスタークラスのみんなはお互いの顔をみんな知ってるし、毎月何回も私と会います。

 


だから、私のエネルギーも1人に1人にかなり注がれますし、感覚のインストールも起こしやすい状態です。

 

そしてみんな【成長のゴールデンサイクル】を回すし、やらない人は強制的に退会になるので、みんながしっかり実践します。

 

成果を出す確率が恐ろしいほど高い理由は、これに尽きるのではないかと思います。

 

エネルギーマスタークラスのコンテンツが良いとか、そういう点は重要じゃないんです。

 

 

 

 ◆最後のまとめとお説教

 

ということで、今日、私が言いたかったのは一点。



何をやるにしても学ぶにしても

 

 

成長のゴールデンサイクル【インプット→アウトプット(実践)→報告&修正→再実践】を回す

 

 

 

これは徹底すべきですね。

これをやらないと絶対に結果なんて出ないですから。

 

 

最後に説教くさいことを言っておくと

 

 

そんな簡単に人は変わりません。パラダイムシフトはしません。


そんな簡単に独立できたり、仕事になったりもしません。


棚から牡丹餅思考の人が、良いエネルギーの循環は起こせません。


そしてそんな人は、他人からも神様からも応援されません。


だから人生が豊かになりません。

 


もっとみんな真剣に、もっと熱く、もっと本気で、何かにチャレンジ・コミットしてみてもいいんじゃないでしょうか?



最悪でも成長のゴールデンサイクルを回すぐらいは、やったらいいんじゃないでしょうか?

 

私は今まで何千人という人間に会ってきましたが、結局成果を出す人というのは【本気】の人です。

 

本気だから人に応援され、人を感化させ、その人の言動にはパワーが宿り、他力も働きます。

 

逆に、中途半端・腹がっすわてない・覚悟がないみたいな人は、いつまで経ってもそのままです。

 

ここ数年は起業ブームも起きたので、安易にビジネスをスタートする人増えました。

 

でも、その人たちの大半が消えつつあります。

 

それは【本気じゃなかったから】です。

 

ヌルかったからです。


もしこのコミュニティの中にも、独立したり個人で何かをやっていきたいという人がいるのなら、もう少し本気で真剣にガムシャラに物事に取り組んでみてはどうでしょう。

 

ステージの高い人は、ガムシャラで本気の人が大好きです。


私もそういう人は大好きで、全力で応援したいと思ってます。

 

そして、そういう生き方をしている人は美しいです。

 

何はともあれ、もっとみんなも真剣に本気で必死に動いてみてはどうでしょう?

 

ぜひ、成長のゴールデンサイクルを回しつつ、熱く生きて下さい。

 

私も【10%の希望と90%の絶望の狭間】で今日ももがき、成果を出す人が1人でも増えることを願っております。
それがリーダーの役割なので、苦しんでいきます!笑

 

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190708180035p:image

 


ではでは( ´ ▽ ` )ノ
今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

____________________
無料メルマガも書いてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/scenario19.htm
携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。

 

納得感を減らすと素敵な未来が待ってるよ〜!ってお話



どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 


ともぴこです。

 

 

先日この記事で【納得感はいらないよ〜!】という記事を書きました。

これ→

 

 

 

この記事に関して、かなり良いメールが沢山来るので大放出したいと思います。

 

 

 

 

色んな人の色んな視点からのアウトプットを読んで、どんどん【納得感は不要なんだ〜】という感覚を掴んでいって下さい。

 

 

 

__________ここから__________

 


今回の納得感の話、最近ちょっと私、変わってきたな〜と思ってました!

 

「納得してから行動する派」から「納得するためにまず行動する派」に!笑笑

 

その最たるものが「神社参拝」ですね!

 

毎日神社参拝してるって友達とかにいうと、


「えっ?なんで?」


ってぜーったい聞かれるんですよ!

 

 


昔の私はそういう時に「ちゃんと理論的に説明できるのがカッコイイ」というパラダイムだったので、説明できない、納得できないことはしてなかったと思うんです。

 

 

しかし今は「これしたらどうなるか知りたくてしてる〜」って感じで軽く流せるようになりました。


(よくわかんないことも取り入れることがカッコイイという思いに変わっただけで、パラダイムは「カッコ良さ主義」は変わってないんですけど…笑)

 

 

会員登録してサービスを受けるもの、電子機器、家電、日用品、服飾品…

 

 

生活に深く関わるものすべてに対して、求める品質をクリアする複数の選択肢の中からどれを選ぶか?というときに

 


・それを提供する会社の理念は?
・沿革は?
・シェアは?

 


とか情報収集して「色々調べて納得して、応援したいと思える会社が出してるもの選ぶぞ!」ってするんですけど、

 


結局、

デザインが好きなもの
シリーズで揃えられるもの
昔から親しみがあるもの

 

ってゆう、「なんとなく最初から気に入ってたもの」を選ぶんですよね…笑

 


調べるのは好きなんで、それはそれで良いとして、決めて行動始めてからの趣味の領域として空いた時間に調べよう…と思いました。笑

 

 

怖いのは、残り少ない人生の時間、スタートが遅くて時間が足りなくなることです…!

 


30も半ばになり、人生の短さに焦りがち!笑
この気持ちを良いツールとして上手く扱っていきたいところですw


__________ここまで__________

 

 

 

 

◆納得感を追い求めるのをやめると、感覚が磨かれる


私はよく「神社参拝」を色んな人に勧めるんですが、あれも実は、納得感を捨ててもらうための1つのトレーニングだったりします。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190706075429j:image

 


もちろん、神社参拝がいかに素晴らしく、いかに効果的で、いかにやった方がいいかも死ぬほど語って納得もしてもらおうとするんですが、

 


それでもやっぱり、腑に落ちるのは神社参拝を習慣化した後なんですよね。

 


「ぴこさんが言ってたの本当や〜ん」って笑

 

 

だからやっぱり、あらゆる事はなるべく早く実践してもらって、体感して腑に落としてもらうしかないんです。

 

そして、この方も言ってますが、その時に邪魔になるのが「ちゃんと理論的に説明できるのがカッコイイ」というパラダイムです。

 

 

 

確かにね、理論的に言語化して伝えられて、しかも他人を納得させられるとカッコいいんですが


それをやるためには、なおさら実践して腑に落としていくありません笑

 

やったことのない人、頭で理解はしてるけど身に付いてない人の言葉は、説得力がありませんからね((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

逆に、実践してて感覚的に腑に落としてる人の言葉は、少しぐらい論理が破綻してても、説得力や影響力があるもんなんですよ。

 


そしてもう1つ、物を調べまくって買う人のお話。こういう人多いですね〜笑

 


飲食店とかも食べログとかもめちゃめちゃ調べたり、引越し先の部屋や旅館とかもずっと調べてる人がいますよね。

 

 

でも実は、そうやって情報や知識で選ぼうとすればするほど、自分の感覚は死んでいきます。

 

 

感覚を磨くには「何となく選ぶの」が1番良いし、感覚で選んだ時の方が正確な時が多いんですよね。

 

なので、調べまくるのが癖の人は、少し情報や知識に依存するのはやめて、自分の感覚や直感を信頼して選んでみて下さい。

 

 

当然、時々感覚が外れて痛い目を見る時はありますが、そうやって感覚や直感や選ぶ回数を増やしていくと、徐々に精度が上がっていきますよ。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190706075545j:image

 

 

例えば私は「美味しい飲食店センサー」的なものを持っていますが、基本的にネットや雑誌の情報は見ずに

 

 

街をブラブラと歩いていて、お店の外観や雰囲気、匂いなどをもとに直感で入店していきます。

 

 

もちろん、最初の頃はマズイ店を引き当てることも多かったんですが、今では美味しいお店を掘り出す確率は90%を超えてるかと思います。

 

 

こういう風に「何となく選ぶ」という行為を繰り返すと、自分の直感や感覚は磨かれていきますよ。

 

 

それに、飲食店とかは食べログとかで評価が高くても、マズイお店って結構あるんですよね。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

みんな食べログの評価とかコメント、つまり情報に騙されて、そこを「名店」と思っていきますが、そんな事ないですからねw

 

本当に美味しい名店とかは、意外と食べログとかの評価は低い事が多いですし、載せてないお店も多いです。

 

こうやって、知識や情報を優先するパラダイムを捨てて、自分の感覚を信頼して磨いていくパラダイムに移行していきましょう!

 

 

 

 

では、次のメールです。

 

__________ここから__________

 

ともぴこさん

 

納得のお話、とってもわかりやすかったです。


先日、ちょうど「自分が納得しないとやらない!」という人との出来事を思い出しました!

 

 

その人は、集客に困っていて、今までFacebookは嫌だ、インスタは嫌だ、みたいなことばかり言われてた人で(笑)

 


それで、こだわるのは、自分の商品のクオリティーばかり。

 

 

そこにはめちゃめちゃ時間をかけていています^^;

 


だから「認知されないとどうにもならないですよ!どんなに良い商品でもコツコツ発信して、目に留めてもらわないと売れないです」

 

と私は伝えていたんですが、やっぱり中々やらずで…笑



そうしているうちに、本当に、いよいよ集客に困った!!みたいな時がきたっぽくて、

 

SNS集客の短期講座に入ったようでした。

 

それで私に、FBページに参加しないといけないから、頑張ってこれからFBもしようと思うから設定の仕方を教えてほしいと連絡がきたので、


教えてあげたのですが、またそこでも意味の分からない「嫌」がでてきて…。

 

 

 

それは、名前をローマ字にしていたので

 


「ローマ字だと外人に間違われる可能性も大きくて、友達を増やしにくいから、ビジネスとして使うなら日本語の名前のほうがいいですよ」と私が言ったところ、


『うん、考える!様子見て、そう感じたら変更するわ』といって、変更しなかったんですw

 

私からするとほんと「えっ??」で、なんのためにFBで発信するんだろう?

 

目的より、やりたくないことを優先するんだ!!


とちょっと衝撃でした笑

 

 

私の場合、そこに「私がやりたいか、やりたくないか」の感情はなく、先に上手くいっている人から教えてもらったことは難しいな!って思うことはあったとしても、

 

『やってみます!』となるからなんですが。

 

だから「“嫌”ってどういうこと!!???」と不思議でw

 


で、それについて考えてみたところ『あっ!!本気じゃないんだ!!』と気がつきました。

 

 

ダイエットとかでも、もう一歩手前でダイエットしないと病気になるよ!
(あっ、私の夫ですw)

 

 

と言われたら、嫌とかいってる場合ではなく、やるはず!

 

でも、まあまあ小太りだけど、生活に支障をきたさなかったら「トレーニングは嫌いだから…ちょっと…」という風になりそうだな。

ってことは『本気だったら、グダグダいってないで、さっ!とやるのではないか。』と。

 

今回の話の「納得しないと動けない人」というのも『まだまだ本気ではない!』というところもあるのかな?と思いました。

 

__________ここまで__________

 

 

◆人が納得感を超越する時&オススメのパラダイム


これは、非常に良い分析だと思います。

 

 

というのも、人は【本気】の時には、納得感を経由せずとも行動できるもんです。

 


納得してから動こうとしている時点で、確かに本気じゃない・まだまだコミットできていない可能性が高いです。

 

 

そして後もう1つ、人間が納得感を超越して行動できる瞬間があります。

 


それが【本当にピンチの時】です。

 

 

 

メールの方のケースで言うなら

 

 

本当に集客に困った(仕事にならなくて、お金がなくなる。つまり死ぬ寸前)

集客を学ぶ

 

太り過ぎて余命宣告をされる

生活習慣を整えてダイエットする

 

 

という感じですよね。

 

 

こういう風に、私たち人間は本当にピンチ、本当に困った時には、もう納得してる余裕もクソもないので、納得感を超越して行動できます。

 

例えば、電車に乗っててお腹が痛くなってう〇こが漏れそうな時に「降りようかな?降りないかな?、というか本当にう〇こをすべきなのか?」なんて考えませんよね。

 

 

 

これと一緒です。

 

なので、人間はピンチの時には、納得感や思考を超越して行動できるんです。

 

 

 


でもね、当たり前の話なんですが

 

【ピンチになる前から行動できた方が楽ですよね?笑】

 

 

 

本当に困った事にならない限り行動できない人の人生は、ずっとピンチの連続で、バタバタ慌てて目の前の困難に対応するだけで、一生が終わってしまいます。

 

 

シンプルに言うなら"行き当たりばったりな生き方"になります。

 


そんな生き方をすると、苦労・失敗・焦り・不安が一気に増え、幸福度の低い人生になります。

 

 

そうならないためにも、ピンチならなくても納得感を横に置いて、サッと動けるような人間になりたいんですね^ ^

 

 

それと、この方のメールを読んでいて気付いたのが、アドバイスをしても実践しない知人の方は、おそらく《プライドが猛烈に高い》ということです。

 

 

だってこの方は、自分よりマーケティングを知っている人に、わざわざアドバイスを求めているにも関わらず、すぐに実践するという行為に至っていませんよね。

 


私は、この方がすぐに行動に移さない本質的な理由は【くだらないプライド】だと思うんです。

 

 

 


きっと、この方の心の中には


あなたの言う事が正しいかどうかは、私が判断するわ。

あなたの言う事をすぐに聞いたら、あなたより下の人間だと感じてしまうわ。

今の私には必要ないわ。

あなたの言うことを聞いてばかりいたら、劣等感を感じるわ。


みたいな、劣等感や嫉妬などの入り混じった【くだらないプライド】が渦巻いているんです。

 

 

 


つまり、どちらかと言えば

 

あなたのアドバイスが納得いかない


というよりも


あなたにアドバイスされるのが納得いかない


という人なんだと思います。

 

 

 

 

こんな感じで、


自分よりステージが高く、わざわざ素晴らしいパラダイムを提供してくれている人に対して「お前の意見は聞かん!」と、変なプライドを発動させて拒否してしまう人は、まぁよくいます笑

 

でも、これは人生でかなり損なので、やめたほうがいいですね。

 

 

 


それどころか、むしろ私は【人生で出会う全ての人は、全員師匠】というパラダイムをオススメします。

 


それは、その人が優れてるとか、成功してるとか関係なしにフラットに付き合い、「お!いいな!」と思った考え方や習慣などがあれば、すぐに拝借して試してみるというパラダイムです。

 

変にプライドが高い人は「あんな貧乏人の言う事を聞けるか!」みたいに、変なフィルターで貴重な情報を弾いてしまいがちですが、どんな人からでも学べる事はあるものです。

 

このパラダイムを採用すれば、誰と何をしていても全てが学びになるし、全ての出会いに感謝できますし。


まだ色々話しましたが、要は納得感は成長の邪魔になることの方が多いってことですよ。

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ
今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

____________________

無料メルマガも書いてます。

よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/scenario19.htm

携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。

 

お知らせ!!Instagram始めます!!

 

 

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ともぴこです!

 

 

遅ればせながらインスタ始めます!!

 

 

かなり面白い使い方をしていくつもりなので、フォローしておいて下さい〜!

 

 

こちらからどうぞ
https://www.instagram.com/tomopikohagino/

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190704072811j:image

「納得感を求めない方が人生が良くなる!!」という意外と知られていない生き方の極意

◆どんどん成長する人は納得感を必要としていない?

 

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

ともぴこです。

 



私がこれまで、何千人もの人と出会って話して気付いた法則の1つがあります。

 

 

 

それが

 

人生のスピードが遅い人orなかなか変化しない人というのは、納得感に時間とエネルギーを注ぎまくっている

 

という事実です。

 

 


逆に、ぐんぐん成長しまくって行く人というのは「納得感」というのに重きを置いてません。

 

 


納得の優先順位が低いということです。

 

 


そして、今の自分のパラダイムで、ステージの高い人の感覚やアドバイスを納得しようとするのは【愚の骨頂】です。

 

 

そうやって無理やり納得しようとしても、おそらく勘違いして分かった気になるか、一生納得できないまま動けないかのどちらかなので。

 

 

なので、皆さんは今後は


納得

行動


というパラダイムは捨てて

 

行動

納得


要は「とりあえずよく分からんけどやってみるか」というフットワークの軽いパラダイムに、移行してもらえたらと思います。

 

 


それが人生でうまくいってる人の1つの特徴です。

 

 

 

 

 

 

◆人生のスピードを速めるには、思考を挟むタイミングが大事


で、この話をクライアントさんにすると、大体多くのクライアントさんから

 

 

 

「え、でも、とりあえずやってみるじゃ思考停止になりません?」という意見をもらいます。

 

 

確かに「これ良さそう〜!」と思うものを、納得感なくとりあえずやっていたら、誰かに騙されそうだし、特に考えてるワケでもないのでバカになりそうです笑

 

 

でもね、大丈夫なんですよ。

 

 

思考というのはやる前にするものではなく、実際にやってみた後にするものなんです。

 

 

例えば、私がみんなに「優先順位のワークをやってみて下さいね」と言います。

 

 

センスの良い人、成長のスピードが早い人というのは「え、これやって何が分かるのかな?意味あるのかな?」的な事は考えず、

 

 

「ぴこさんが言ってるんだからやろ〜」と、とても素直にすぐやってくれます。

 

 

そして、やった後に「これはこういう意味があったのかー」とか「あれ?意味ないんじゃないか?」とかと考えるんです。

 

 

つまり


実践

感覚を得る

理解・納得(思考する)

体感して思考した結果、今後もやるかやらないか決める


という流れになっていきます。

 

なので、別に思考停止なワケではないんですよ。

 

 

【思考を挟むタイミング】が、成長が早い人は違うんです。

 

 

もっと正確に言うなら、一度やってみただけで結論は出さず、とりあえず何回か実践しながら考えられる人が、センスがありますけどね。

 

 


実践

感覚を得る

さらに実践

感覚を得る

さらにさらに実践

感覚を得る

今までの経験や感覚を理解・納得する
(思考する)

思考した結果、今後もやるかやらないか決める


的な感じですwww

 

なので思考というのは、結構終盤でいいんです。

 

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190625053702j:image

 

 

 

 

 

 

◆洗脳されないようにしよう!!


ただ、ここで1つ、超超超超超重要な注意事項をお伝えしておきます。

 

 

それが【誰の意見・パラダイムを採用するかは十分に考慮して】ということです。

 


これを間違えると、人生を踏み外す危険性がありますから。

 

 

「とりあえず、〇〇さんがオススメしてることをやってみよ〜」の〇〇さんの見極めです。

 

 

この〇〇さんを間違えると、とりあえずやる度に大失敗したり、変な方向に行ったりしますからね。

 

 

もちろん1回ぐらいは、変な〇〇さんの言うことをとりあえず実践して、痛い目を見ても学びになるのでいいんですが

 


この〇〇さんに洗脳されたり、お金をむしり取られたりとなると、笑えませんからね((((;゚Д゚)))))))

 


そういう悲劇は世界のあちこちで起こっていて、代表的なのが麻原彰晃に心酔した、元若者たちですよね。

 

 

彼らは「とりあえず麻原彰晃教祖が言ってることだから、やってみるか」となるだけでなく、

 

 

途中から、やってみた後に思考を挟むことをやめ

 

 

麻原彰晃が言うことは全て正しい】になってしまい、人を殺したり犯罪を犯したりしてしまったワケです。

 


これが、思考停止の事例です。

 

 

 

 f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190625054148j:image

 


そして実は、この〇〇に、私たちは無意識で色んな人を入れています。

 


親だったり、起業塾の主催者だったり、マスメディアだったり、芸能人だったり、世間だったり

 

 

 


なので、ここで皆さんまずは

 


①自分は〇〇に誰を入れがちか?
②その〇〇は本当に大丈夫か?痛い目をみないか?

 


を確認してほしいんです。

 

 

そしてもし、主体的ではなく受動的に〇〇の言うことを、やった後の思考も挟まずに、無条件で信頼して採用しているなら、一旦ストップして思考を挟むべきです。

 

 

あれ?
これ洗脳じゃない?
この〇〇で大丈夫?

 

 

と。

 

 


実際に私は

 

変な占い師に騙されて人生を狂わせた人

変なコンサルタントにしこたまお金を取られた人

変な宗教にハマって家族を崩壊させた人

親の言うことを無条件に信じ行動し、思考力がなくなった人

 

など、色んなケースを見てますからね。

 

〇〇は本当に重要です。



 

 

 

 

◆どんな人を参考にして生きたらいいのか?

 

 


となると「え、じゃあ良い〇〇をどう選べばいいの〜?」と、当然なりますよね笑

 

その答えは簡単です。

 

 

 

 

 


〇〇をともぴこにしましょうwwww

 


って本当は言いたいところなんですが、そういうと急に宗教観が増してしまうので、冗談です。

 

 

私のことを信頼してくれてる人は、納得感や思考はわきに置いて、とりあえず実践してほしいんですが、ちゃんとやった後には思考を挟んで下さいね。

 

思考停止はNGです。

 

 

で、この〇〇の選び方ですが、実はこれ4時間のセミナーができるくらい難しいです。

 

 

なので、直接会える人たちにはガッツリ伝授したいんですが、ここでは要点だけを。

 

 

 


判断のポイントは5つ。

 


①温かくて、軽くて、前向きで、穏やかで、丸くて、光輝いているような人

要は、エネルギーが高い人ってことです。

 


②会った後の余韻が良い人、続く人

会った後に疲れる、しんどくなるとかはNGです。

 

 

③その人の周りにどんな人がいるか?身近な人の関係性はどうか?

その人の周りの人は、その人の本質を浮かび上がらせてくれます。

 

 

④課題の分離がしっかりできてる人かどうかる

 


⑤中心に自分を置いてるかどうか?

 

 

 

この辺りは、見極めの基準になるかと思います。

 

 

 

けっこう感覚的なモノが多いですが、採用する〇〇は【感覚的に】選んだ方が、大体正しいです。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20190625054438j:image

 

 

逆に、


実績
肩書き
売上
洋服
ライフスタイル


などの情報や演出で判断をしてしまうと、一気に間違えることが増えるので、自分の感覚を大切にして下さいね。

 

 

 

今回の記事と関連のある記事はこちら

感覚はセンスや才能じゃない。後天的に感覚を磨き、高める方法 - はぎのともぴこの幸福論

 

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ
今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

________________
無料メルマガも書いてます。
嬉しい事に4500人が読んでくれてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/entryform8.htm
携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。