第七十段 自己投資を事故投資にしない、オススメの学習法

◆お金をかける=自己投資なのか?

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ぴこです。

 

 

 

さてさて、この前初めましての方のコンサルをしていた時に「私は3年前から毎年100万以上、自己投資しています。自分の成長にお金をかけなければ成長はないですよね?」とサッカーの川島もビックリのドヤ顔で言われたのですが

 

 

 

私に言わせればそれは「あ〜、小倉さんカツラ並みにズレてるなー!」という感じです笑

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170804070625j:image

 


そして「投資とはそれ以上の回収見込みのある場合を言うんだよ。君は無理そうだね」と、意地悪ながら思ってしまいました。

 

 


だって、3年間多大な額を自己投資した人が、相談してくる様な内容じゃありませんでしたから笑

 

 


ちなみに私も、学びや経験のために多額の自己投資をしていますが、そんなことを偉そうに自慢する気はありません。

 

 

というのも

 

 

 

昔の経験から【お金をかけなければ成長できないなんて、単なる他力本願、頭を使っているつ もりになっている勘違い野郎のすることだ】と思っているからです。

 

 


よく「お金がないから、良い情報がGETできなくて、、、」何て言ってる人がいますが、それは本当にセンスがないです。

 

 

 

だって現代は、無料のものから十分過ぎるほど学べますから。

 

 

 

例えば色んな広告。これにはビジネスや人間の脳と感情の仕組みを学ぶためのエッセンスが、ふんだんに盛り込まれています。

 

 

例えば本屋さん。ここに行けば「今、何が流行っているのか?」という時代の流れを一発で見抜く事ができます。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170804070945j:image

 

 

他にも


何で旅行・交通業の会社のロゴは、青や緑が基調の色だと思いますか?

何で飲食店は暖色系の看板を作ると思いますか?

パズドラはどうやって収益化していて、今後どうなると思いますか?というか何で流行ったと思いますか?

家電業界は何で今苦しいと思いますか?

ミスドは100セールを何で連発すると思いますか?

 


などなど、学ぶ気なら日常のありとあらゆるものから、いくらでも学ぶ事ができるわけです。

 

 


つまり《日常が最高の活きた教材》なんです。

 

 

 

 

 

 

 

◆遠回りこそが勉強である

 

そして私は、むしろ【お金がかからない勉強のほうが、よっぽど自分の学びになっているな】というのが実感としてあります。

 

 

というのも、何かのセミナーや教材で一気に答えらしきものを聞くのと違って、かなりムダな遠回りするからです笑(ちなみに、時間的余裕のない人はその無駄な遠回り時間を、多少お金でカバーするのはありです)

 

 

そして、その無駄な遠回りこそが「お宝」です。

 

 

 

自分なりに試行錯誤して考えたり仮設を立てたりするプロセスこそが、自分の地肉・コンテクストとなり、自分のフィルターになります。

 

 

例えばここで「ゴールドラッシュの時に1番お金を稼いだのは、金を探しに行った人ではありません。誰だと思いますか?そしてそれと同じ現象がこの世では山ほど起きています。どんな事例がありますか?」という問いを出して

 

 

ここで私が「〜です」という答えを言ってしまっても、それを聞いた殆どの人は「ほーそうなんだ」で、終わります笑

 

 

無駄な遠回りはありませんし、自分で苦労してGETした情報ではないので、おそらくすぐ忘れるでしょうし「何でこの答えなのか?」という理由がなくペラッペラッなハズです。

 

 

逆に、自分で自力でこの答えを導こうとしたら時間はかかるでしょうが、そのプロセスで色んなことを学ぶでしょうし、その学びのプロセスは唯一無二になるので、その答えも唯一無二になります。

 

 

例えば、私から答えを聞いて「ゴールドラッシュとAirbnbは、こういう理由で一緒らしいぜ」と言ってる人は、私の劣化版コピーです。

 


逆に、私から答えを聞かずに試行錯誤して「ゴールドラッシュとAirbnbはこういう理由で一緒らしいぜ」と言ってる人は、私の劣化版コピーではなく唯一無二です。

 

 

伝わりますかね?笑

 

 

 

要するに【情報や知識は、その裏に捨てられたものが価値になる】んです。

 

 

エネルギー的に言えば、同じ「感謝した方がいいよ」という言葉でも、その背景にきちんとした理由があるかないかで、人に伝わる影響力も変わってくるし、その言葉に背景があるか否かを人は無意識レベルで見抜きます。

 

 

だから「人に感謝しなさい」という一言でも「この人深いな」と人に思わせる人と「こいつペラいな」と思わせる両者がいるわけです。

 


そしてこれは学びのコツでもあるのですが
【今答えとしてあるものの、捨てられたコンテクストを自分で学ぶ】というものです。

 

 

多くの人が本当にこれをやりませんし、これをやるだけで全てが学びの対象に変わります。

 

 

 

例えば「これからは女性性の時代だ」とよく言われますが、本来この言葉自体に価値はなく「何で女性性の時代なの?」というWhy・コンテクストに価値があるわけです。

 

 

そこを自分で掘り下げないで、誰かの受け売りで「今は女性性の時代だって〜」と何となく言ってる人が、おバカでペラい人なんです。

 


私が最初に「これからは女性性の時代だ」と聞いたのはもう6年前ですが、私は「へぇーそうなんだ」とは思いませんでした。

 


普通に「女性性って何?誰が最初にこの概念を作ったの?この人は何をリソースにそういう言ってるの?」と思い、自分なりに納得するまで捨てられたコンテクストを学びました。

 


その過程でユングフロイトも出てきましたし、日本人特有の精神構造も学べました。

 


そうやって自分なりに掘り下げた結果【どうやら本当に女性性の時代っぽいな】という結論に至りました。

 


それをすることで、セミナーを開催していた人の「女性性の時代だ」とは全く違う「女性性の時代だ」という情報ができました。

 

 

だって、私とセミナー主催者の「女性性の時代だ」に行き着くまでのプロセスは違いますから、そこまでの説明が違ってきますからね。

 

 

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170804072324j:image

 

 

 

これは、昔書いたさかなくんの記事と一緒の原理です。

 

 

 

この記事

第七段 いじめの原因 - ぴこの平成徒然草

 

 

 

他にも「ニーチェの言葉」みたいな名言集を読んでも、その背景を自分で汲み取る学び方をしないのなら、それは意味がない。という事です。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170804071635j:image

 

 

 

新聞やネットニュースも同様です。
あれは事実しか殆ど書かれていないので、自分なりに背景を掘り下げる必要があります。

 


それをやらない人が「情弱」なんです。

 

 

 

 

◆まとめると

 

何か話がかなり飛びましたが笑

 

 

とにかく【情報や知識の背景を読み取ろうとする事が、無料で日常から学ぶ秘訣】ということです。

 

 

お金をいくらかけて自己投資しても、背景を読み取らなければ、それは投資ではなく無駄銭になります。

 

逆に、お金を殆どかけなくてもその意識さえあれば、日常にある一見スクラップの様なものが学びの対象になります。

 

そして最終的には【日常からコンテンツを生み出せる】そんな状況になれば、何よりかと思います。

 

 

では、最後にクイズがてら。


何で旅行・交通業の会社のロゴは、青や緑が基調の色だと思いますか?

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170804071927p:image

 

 

 

他の役に立つ関連記事はこちらです

 

 

 

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

貴重なエネルギーを使って読んで頂きありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

無料メルマガも書いています。

2500人もの人が読んでくれてます。

よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/entryform8.htm