第六十九段 呪いの仕組みと親との和解

◆呪いを外すと生きやすくなる?

 

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ぴこです。

 

 

私が、ブログでもメリマガでも一貫して言っているのは【自分の色んな側面と和解して、自分の真ん中・中庸を知り、深い自己対話をして、自分のお役目を見つけましょう】という、一言に尽きるんですが、

 

 

 

別の言葉で言うなら”色んな呪いを解こう!”とも言えます。

 

 

 

 

私はクズだという呪い。
所詮私なんかという呪い。
過去の呪い。
親からの呪い。

などなど。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170803070637j:image

 

 

 

 

 

言い方を変えると、呪いは固定観念とも言えます。

 

 

 


その自分の中の固定観念という呪いを1つ1つ外すという行為は、自分を制御しているリミッターを徐々に外す事に他ならず、それらが外れれば外れるほど、みんなのエネルギーは高まり使命を果たすような生き方ができるようになります。

 

 

私と関わって下さった方の人の中には、リミッターが外れ、大きく人生が好転した人もいれば、まだまだ、、、、、という人がいるのも事実です(力不足で申し訳ない!!)

 

 


ということで、今回は”呪い”について話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

◆呪いの正体とは何か?

 


 

さっきも言ったように「呪い≒固定観念」と、私は定義付けしているんですが

 

 

この前、京都に旅行に行った時陰陽師で有名な安倍晴明を祀る安倍晴明神社”に立ち寄ったんですが、そこに呪いについての記述があったんですね。

 

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170803070846j:image

 

 

それがこんなエピソードでした。

 

貴族A
安倍晴明さん、この世には呪いというものはあるんじゃろうか?」


安倍晴明
「ありますよ」


貴族A
「なんと!!それは怖い!!一体どうやって呪いはかけられるのじゃ。誰でもできるのか?」


安倍晴明
「誰でも呪いをかけられますし、私達は全員呪いをかけられています」


貴族A
「どういう事?」

 

すると、安倍晴明が庭に咲いている花を指差しこう言いました。


安倍晴明
「あそこに花が咲いているであろう。あれに人が”藤”と名を付けて、みながそう呼ぶようになる。すると、それは”藤の花”になるのだ。それが最も身近な”呪い”だ」

 

 

 

 

これが呪いに関するエピソード何ですが、これを読んだ時私は2個の事を思いました。

 

 


①私達が最初につけられる呪いは「自分の名前」だな
②呪いとはスタンフォードの監獄実験と同じじゃないか、、、

 


という事です。

 

 


実は、私たちのセルフイメージは「周りからのフィードバック」によって作られるんです。

 

 

例えば 

「あなたは優しい子ね」と言われ続ければ、自分は優しい子なんだ(優しい子であらねばならない)というセルフイメージが構築され、どんどん優しい振る舞いをし、その優しい自分に「やっぱり優しいね」というフィードバックが返ってくれば、さらに”私は優しい”というセルフイメージが強固になります。そしてそれを繰り返して、、、、、みたいに。

 

 

 

そう、これが【呪いの正体】です。

 

 

 

そして、この呪いを最もかけられやす時期は幼少期で、そして最も深い呪いをかけてしまうのが”親”です。

 


親が「あなたはこういう子ね〜」と言えば言うほど、それは子供の呪いになり、どんどんその呪いにコントロールされて生きる事になります。

 

 

まだ、優しい、可愛い、凄い、などという呪いならマシですが、これがバカ、クソ、ダメなんていう呪いを親からかけられたのなら、それはとんでもない事になります((((;゚Д゚)))))))

 

 

他にも、誰かのヒョンな一言が呪いになってたりするケースもよくあります。

 

 

こうやって私達は呪いをかけられ、セルフイメージや性格を構築をしていき、行動パターンまでも決まっていくんです。

 

 

つまり、こんな感じ

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170803071314j:image

 

 

ちなみに、人の洗脳の仕方を学べば分かるんですが、洗脳もほぼ同じ方法で人をコントロールしていくのが分かります。

 


つまり、それほど周りからのフィードバックや呪いの影響力は凄いので、自分の人生を生きるためにも、私達は「呪いを解除」していく必要があるという事です。

 

 

よく「幼い頃にどう接しられたか?で自己肯定感の高さは決まる」何て発言があり、私もそれを信じてたクチですが最近は【自己肯定感の高さは、それもその子に幼少期にかけられた呪いの一部】と理解しています。


ただ、そういうフィードバックを周りから受けてきてるので、それが当たり前になっているだけなんです。

 

 

 

 

◆効果的に呪いを解く方法

 

で、そういう呪いを効果的に解く方法が1つあります。

 

それがやっぱり【親との和解】です。

 

 

 
親と和解できれば、一気に色んな呪いを親子共々解除する事ができ、一気に別の人生が花開きます。
何だかんだ、皆さんに良くも悪くも呪いをかけてしまっているのは親ですからね。

 

 

 

しかも"愛情故に"かけてしまった呪いですから、これはなかなか厄介です( ゚д゚

 中には親はその親から、その親はそのまた親からと、代々受け継いでる呪いもありますしね。

 

 

なので、親との和解はエネルギーをかなり消耗しますが、それでもぜひ親とは和解して欲しいんです。

 それが自分らしく生きる一歩目であり、それらの呪いが解けた状態になれば、みんなは自分の進むべきベクトルなんか、自然と見つけられると思うので。

 

 

ただし、もちろん和解はすべきタイミングがあるんで、時期は見計らって下さいね笑

 

 

 

では、私は松岡修造と同様「みんなならきっとできる!」という呪いを、皆さんにかけておきます。

ぜひ色んな呪いを解除してくださいね。

 

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ
貴重なエネルギーを使って読んで頂きありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

無料メルマガも書いています。

2500人もの人が読んでくれてます。

よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/entryform8.htm