お金との付き合い方セミナーの開催のお知らせ

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ぴこです。

 

 

今日は、1つお知らせをさせて下さい。

 


8月19日(土)の14時〜

 


都内の錦糸町駅近くの会議室で

 

 

 

【お金との付き合い方セミナー】を開催します。

 

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170808114805j:image

 

 

お金のプロフェッショナルであるFPで、会社を経営している「橋本大季」君という友人と、私の2人でかなり面白いセミナーをやらせて頂きます。

 

 

 

 

◆このセミナーを開催する理由


簡単に、このセミナーを開催する理由を述べておきますと、

 

 

ネットや世の中には「お金の稼ぎ方」についての情報は多く、雑誌や本にあれこれ書かれていたり、セミナーや講座が開催されている事がありますが、

 

 

実は、私も橋本君も【稼ぎ方や稼ぐ額よりも、お金との付き合い方や使い方・守り方の方が大事だ】というのが共通の意見です。

 

 

そして、そういう「お金との付き合い方」や「具体的な接し方」みたいなものを教えてくれる場は、殆どありませんよね?

 

 

でも、私達はこっちの方が何十倍も大切だと考えているので、敢えて魅力的には映らないかもしれませんが、このテーマでセミナーを開催させて頂きます。

 

 

実際に、私もいわゆる「お金持ち」という人を腐るほど見てきましたが、お金持ちだからといってお金の心配がないわけでもないし、お金持ちほどお金にシビアで不安で、ストレスを抱えている人の方が多いというのが現状です。

 

 

逆に、あんまりお金がなくても心配も不安もない。という人もいるんですね。

 

 

 

要するに【お金を稼いでる=幸せ】という方程式は、全く成り立たないということです。

 

 


となると、大切なのは収入や稼いでる額の多寡ではなく《お金とどう付き合うか?》だという事に気付いて頂けるかと思います。

 


お金は生きていくうえでは欠かせないパートナーの様なものなので、このセミナーの目的は【お金と恋人になる】だと思ってもらってOKです。

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170808115151j:image

 

 

恋人になるためには、その人の事をよく知り、その人特徴や好悪などを知り、きちんとアプローチしないといけませんよね?

 

 

それはお金も同様で、お金の特性を知り、お金の嫌がる事はやめて、きちんと付き合わないといけません。

 

じゃないと、お金にふられますからwww

 

ということで、このセミナーを機会に彼らと仲良くなってお帰り下さいませ。



 

 

◆セミナーの内容

 

 


私が【お金の本質と日本の行く末を紐解く】というのをテーマにして

 


・お金の歴史
・お金の本質
・お金とストレスの関係性
・お金との付き合い方
・今後の日本はどうなっていくのか?

 


など、なかなか抽象的な話をして

 

 

 

FPの橋本君には

 

 

・お金を守るって何?
・税金から守る
・お金の具体的シュミレーション
・単利と複利 72の法則
・人生で高い買い物ベスト3は?
・固定費の話(通信費、保険、依存費 タバコ、ギャンブル等)
・保険のあれこれ
・そもそも保険って何?
・必要なの?
・お金の守り方・使い方まとめ

 

 

など、かな〜り具体的で、普通の人があんまり意識していないよう部分や明日からどうお金を使うか?などを解説してもらうもかと考えています。

 

 

おそらく、綺麗事は抜きで【生々しい本当に役に立つセミナー】になると思うので、絶対に来たほうがいいですよ。

 

 

ちなみに、料金は「3500円」とお安めになっております。

 

もちろん今回も、普段と同様に音声参加もOKにしております(後日セミナーの音源を配信)

 

 



 

◆まとめると


日時→8月19日(土)の14時〜17時半頃
場所→錦糸町駅近郊
料金→3500円
参加→音声参加あり

 

 

になっております。


また今回は、参加してくれた方へのプレゼントして、セミナーの後日に私が【参加者限定記事】も配信するのでお楽しみに。

 

 

ということで、参加したい方は

 

 

名前
性別
年齢
直接参加or音声参加


をご記入のうえ

 

tomopikorenraku10@gmail.com

 

 

 

へご連絡下さいませ!

 

既に1度参加メールをくれた人も、お手数ですが改めてご連絡頂けると幸いです。


ではでは( ´ ▽ ` )ノ
貴重なエネルギーを使って読んで頂きありがとうございました。