太宰治の「人間失格」から学ぶ本当の強さとは?②

 

 

さてさて、前回に引き続き太宰治の「人間失格」について書いていきたいのですが、

 

 

前回の記事→http://pikonotisikidana.hatenablog.com/entry/2017/04/06/160126

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170407105701j:image

 

 

 

私は当時22歳になりかけで、その若さでは無謀とも言える「独立」を志していたので、周りからは「ムリだムリだ」「世間のレールから外れるのか?」などと散々に言われていた頃でもありました。

 

ただ、メンタルの強さには定評があるので、落ち込んだり悩んだりはしませんでしたが、流石に不安に襲われる事もありました。

 

 

が、その時に「人間失格」の中に【勇気を持たせてくれた】一説がありました。

 

 

今日はそれをシェアしようと思います。

 

 

何かに挑戦するのに尻込みしている人、不安に襲われている人は、ぜひ読んでみて下さい。気が楽になりますよ?

 

 

___________ここから___________

 

 

少し読み易く添削しています。

 

 

「しかしお前の女道楽も、このへんでよすんだね。これ以上は世間が許さないからな」  

 

世間とはいったい何の事でしょう?
人間の複数でしょうか?

 

どこに、その世間というものの実体があるのでしょう?

 

けれども何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、

 

しかし堀木にそう言われて、ふと「世間というのは、君じゃないか」という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤでひっこめました。

 

(それは世間が、ゆるさない)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)


(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)
(世間じゃない。あなたでしょう?)


(いまに世間から葬られる)
(世間じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?)

 

一部省略

 

けれどもその時以来、自分は(世間とは個人じゃないか)とい、思想めいたものを持つようになったのです。

 

___________ここまで___________

 

 

 

どうですか?

 


私はこの文章を読んだ時、ようやく「世間」というものの実態がハッキリつかめました。

 

 

 


そう、世間とは【自分、つまり個人のこと。もしくはその人の周りの世界】という事に気付きました。

 

 

 

親や親戚が「私は反対だ。だって世間様に笑われるわよ!」と言っていた世間様は実在する事はないんです。あくまで個人の集合体です。

 

 

自分個人の意見であるにも関わらず「世間」という言葉を用いて、あたかも根拠や説得力が増したかの様に見せかけ、ドヤ顔をしている人が多いですが、

 

 

本当は
「世間の人」が許さないのではなく「その人個人」が許さないんです。

 

 

とても奥深い一節ですね。

 

 


特に田舎などは、コミュニティが狭く、みんながいわゆる「実体のない世間」に怯え慄いています笑

 

 

が、これって見えもしない幽霊に対して(幽霊の方がまだ信憑性がある笑)

 

 


「幽霊に許されないから辞めとこうか」と言っている様なもんです。

 

 

 

それに、言っちゃえば

 

 

《本当の世間や社会は、私やあなたに興味何か全くないから、好き放題して全然大丈夫ですよ笑》

 

 

あなたが有名人じゃないのなら、本当の全然はあなたの一挙手一投足に何も言いませんし、あなたの選択に対して賛成も反対もしません。

 

 

 

【本当の世間はあなたの敵でも味方でもなく、ただそこにあるだけ】です。

 

 

なので、偽りの世間(個人)や本当の世間を理由に、何かに挑戦しないで燻ってる何て勿体無いですよ。

 

ぜひ行動してみて下さい。

 

 

本当の世間は「無」だと気付けるハズです。

 


ではでは( ´ ▽ ` )ノ

 貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

________________

 

無料メルマガも書いてます。
嬉しい事に1850人もの人が読んでくれてます。

よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/entryform8.htm


携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。