第一段 太宰治の「人間失格」から学ぶ、本当の強さとは?

◆今更ながら太宰治の「人間失格」を読んで思ったこと 

 

 

 

さてさて、先日約5年振りに太宰治の「人間失格を読んだんですが

 

 

f:id:kyueisyougiku10kaidouzan:20170406155802j:image

 

 

5年前はこの名作を読んでも「話暗すぎ!オモロないわー!だから太宰は苦手」という偏差値低めの感想しか抱けなかったのですが

 

 

 

今回は


自分も少し成長できたからなのか?
俗にまみれたからなのか?
社会の荒波に(まぁ荒くないんだけど笑)揉まれたからなのか?

 

 

 

どれが理由かは分かりませんが、めちゃめちゃ学べましたし【他人事じゃねーな】とも思えました。

 

 

 

人間失格」は太宰治の自伝的小説で、人間のダメさ弱さをモロに書き殴っている小説で、賛否両論のある小説です。

 

そして、賛否両論の中の「否定する側に回ってしまう人」の傾向というか、気持ちみたいなものが少し今回分かりました。

 

あの小説を「暗すぎる」「ダメ人間じゃねえかw」と言って軽く捉えてしまう人は、おそらく、いや、かなりの確率で

 

 

 

【自分はダメ人間じゃない】
【自分は弱くない】

 

 

と思っているハズです。

 

 

 

あの小説の凄い所は、太宰治自身が自分の過去の失敗や弱さを包み隠さず晒し、その中に人間誰しもが持っている「弱さ」や「悪」を取り上げている点なのですが

 

 

 

「その凄さは、自分の弱さやダメさと向き合えていない【本当に弱くてダメな人間】には伝わらないんだろうなぁ〜」と思いました。

 

 

 

人間、誰しも弱さやダメさを持っていて、それを受け入れ、認めて、それでも尚前に進んで生きていく人が《本当に強い人》だと個人的には思います。

 

 

 

自分を棚に上げ他人と比較し優越感に浸っている人や、自分と会話をせず本心や弱さを誤魔化して日々生きてる人は《強そうに見えて、弱そうな人》です。

 

 


その実は弱い人間こそが5年前の私であり、そういう人が周りにも多い気がします。

 

 

 

そんな事を思えたので、私はこの5年で成長したというより「少し強くなったんだな〜」と思いました。

 

 

弱くても
ダメでも
悪くても


全然いいじゃないっすか!!笑


人間だもの。Byともを

 

 

 


本当はここで相田みつを的に終われば締めが良かったんですが、もう少し言えば

 

 

 

自分の過去や目を背けたくなる様な失敗に、本当に強くなり成長する「きっかけ」があります。

 

 

 

それは


海外に旅に行っても
セミナーに行っても
本を読んでも


なかなか見えてきません。

 

 

自分と向き合い会話しまくるしかないです。
外側ばかりではなく内側に目を向けて見ましょう。

 

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

 

次回も「人間失格」を語ります笑

 

次回の記事→http://pikonotisikidana.hatenablog.com/entry/2017/04/07/110129

 

 

________________

 


無料メルマガも書いてます。
嬉しい事に1850人もの人が読んでくれてます。
よかったら登録してみてください。
https://24auto.biz/mr_natchan/touroku/entryform8.htm

携帯ドメインだと届かない場合が多いので、オススメしません。gmail等でお願い致します。